アトリエペンギンは半田付けレベルが1上がった。

φ2の銅棒同士の半田付けって素人アマチュアにとっては意外とむつかしい。

何が難しいかって、その位置に銅棒を固定しておくのが難しい。小手先を当てて銅棒を暖めてハンダを流し込む間に銅の棒が動いてはいけない。

また半田と半田の間が4cmと短く銅はよく熱を伝えるので、もたもたと温めすぎると隣の半田が溶けて脱落してしまう。

そんなこんなで、今まで上手くできなかったのだが、このたび半田付けの手法を編み出して、自在に半田付けできるようになった。

この手法を使って銅棒を使った3次元フレームアートに挑もう