4サイクルOHVエンジンについて勉強
(頭を整理するためのアウトプット記事です)

1.吸入工程 吸気バルブ開く
ピストンが下がりシリンダ内が負圧になる。
インテーク経路の空気がシリンダ内に吸い込まれる。
(その時キャブレターで燃料が気化され、空気と一緒にシリンダ内に流れ込む)

2.圧縮工程 吸気バルブ閉じる
ピストンが上がり、シリンダ内の気圧が高くなる。

3.爆発工程
スパークプラグを放電させて、シリンダ内でガスを爆発燃焼させる。
ピストンが押し下げられる。

4.排気工程 排気バルブ開く
ピストン上昇とともにシリンダ内の燃焼ガスが排気バルブを通して廃棄される。

写真のエンジンは、Over Head Valveで、シリンダーの上にバルブがある(斜め上方になる)
OHVと書かれたシリンダーヘッドカバーの中にはバルブとそれを動かすためのカムなどが入っている。
クランクケースはシリンダーの下部(写真では向こう側)にあって、クランクの回転軸は発電機と直結している。
クランクケース(下部)にはエンジンオイルを入れる。
シリンダーの筐体には穴があいていて、そこをプッシュロッドという棒が通っていて、クランク回転に合わせて棒が上下運動して、シリンダーヘッドカバー内のカムを動かすようになっている。プッシュロッドの経路は気密できないし、空間的にはクランクケース内とシリンダーヘッドカバー内はつながっていて、気圧は同じになる。この空間は気密にしておくと、エンジンのシリンダーシールから燃焼ガスが混入して圧力がどんどん高くなってしまう。シリンダーを押し下げる時の負荷にもなるし、オイル注ぎ口を開いた時に内圧ガスが噴出すことになる。そこでクランクケースブリーザーという高くなった気圧を抜くための仕組みがある。シリンダーヘッドカバーからホースでキャブレター手前まで加圧されたガスを送り戻している。

車のエンジンはエアクリーナー、スロットルバルブがあって、インテークマニホールドという負圧空間がある。燃料は各シリンダに直噴だ。一方この発電機はキャブレター式なので、スロットルバルブと燃料混入部が一緒だし、その後ろはすぐシリンダーの吸気バルブだから、インテークマニホールドという空間が存在しないのかな。

Joecellを接続するに当たって、エアクリーナー手前に空中放散すればそれなりに吸い込んでくれる。しかし、水面に負圧を感じさせたいのだとすれば、どこかの負圧空間に接続しなくてはならない。こういった4サイクルOHVエンジンにおける負圧空間ってどこだ???

勉強は続く