20151114_hpbc

フリエネの話にはいつも、バッテリー(鉛蓄電池)や火花放電が出てくる。
鉛蓄電池はラフな作りなのでバシバシ放電させて電荷を突っ込んでもすぐに壊れるようなことはなさそうである。
従来は低電圧で電流主体で充電するが、これはパルス高電圧・低電流で充電することになる。

高圧トランスは何を使えばよいだろう。イグニッションコイルかフライバックトランスかテスラコイルか。
コンパクトに作るならイグニションコイルでよいだろう。
空間からエネルギーを・・・などおかしなことを考えるなら空間占有体積の大きいテスラコイルが魅力的に見える。

回路中のチョークコイルは、放電して戻ってきたパルス電流がトランス側に戻らないようにするもの。

高圧トランスの片側は短絡しているが、ここもスパークギャップで切り離してもよいだろう。