ハーフブリッジ式SSTCです。
ブートストラップ回路内臓のハーフブリッジ駆動ICでシンプルに仕上げました。
SSTC Half=Bridge SSTC
仕様
電圧:150V  AC100Vをブリッジダイオードで整流 & 平滑
スイッチング方式:ハーフブリッジ
MOSFET-IC: IRFP250N
DriverIC: IRS2110
共振フィードバック:アンテナ方式
1次コイル巻き数:7回
2次コイル仕様
エナメル線径:0.32mm(=28AWG)
コイルサイズ:φ115mm(直径)×292mm(高さ)

→概算で計算すると、巻き数:913回、エナメル線総長さ:357m
半波長電磁波換算で、共振周波数は420kHz
実験でも420kHzとか、840kHzで共振しました(^ヮ^/イェイ
トロイド(小さいステンレスボール)を載せると周波数が遅くなり350kHz程になります。

テスト段階では0.8Aのスライダックでパワー調節していますが、本番では取り除きます。

回路はとってもシンプルになりましたが、そこそこ強力です。
スイッチを入れた状態でロッドアンテナを触れば動作開始です!


回路図(クリックで大きくなります)

回路図に描かれていない注意点があります。
FET周りはパターン最小にし、浮遊インダクタを極力抑えてください
ゲート抵抗も20Ω程に大きくすると、オーバーシュートを抑えられます。
IRFのWebサイトにあるFETドライバICの技術資料AN-978は必読です。
浮遊インダクタが大きいと、過電圧が発生し簡単にMOSFETが壊れてしまいます。
初めの頃は、全てのピンが導通してしまうゲート破壊でかなりのFETを駄目にしてしまいました。

SSTC テスラコイル制御部 SSTC テスラコイル放電の感じ

動作デモ

Half-Bridge MINI-SSTC Q&A

よくある質問をまとめましたHalf-Bridge MINI-SSTC
Q:回路図中のPSW 5Aとは?
A:ポリスイッチ(リセッタブルヒューズ)で過電流が流れた時に、回路を切り離します。Q:写真には回路図に載っていない部品が写っているが(ICや可変抵抗)
A:タイマIC555を使ったインタラプタ回路です。555のパルス出力をIRS2110のSDピンに入力することで、放電の様子が変わります。ですが、基本回路としては回路図のとおりです。
写真は試行錯誤の結果。回路図はそれを必要最小限にまとめたものです。

Q:周波数制御はどうやるの?
A:この回路では周波数は二次コイルの形状に基づく共振周波数の電磁波をアンテナにフィードバックしているので周波数制御はできません。
共振周波数で動作しているということは、もっとも効率よく動作しているということです。

Q:大地アースが取れない場合はどうするの?
A:2次コイルのGNDは大地アースが理想ですが取れなければ、アルミの板を敷いてアースGNDに見立てその上に二次コイルを乗せ、アルミ板と回路図中の▽をつなぎます。
コンセントのAC100Vをトランスを通さずにブリッジダイオードで整流すると、それ以降の回路が全て大地アースから浮いた状態になります。回路上のGNDと大地アースをつないではいけません。

Q:FETがすぐに壊れてしまいます。
浮遊インダクタが大きいと、スイッチング時に大きな電圧が印加されてゲート電極が絶縁破壊することがよくあります。
IRS2110とFETの距離は極力短く配線します。
1次コイルへ向かう配線は縒り線にすることで、浮遊インダクタを抑えます。

(質問があれば順次追加していきます)