Golden Week最後の日曜日は、早起きして朝日でお湯を沸かしてコーヒーを飲むことにした。

写真は自作の集光器 90cm×90cm
軸はずし放物面なので、太陽光は下方向には反射しない。

以前にも書いたが東向きのマンションのため午前中しか太陽光を利用できないのだ。
庭が欲しい。土地が欲しい。一日中太陽が当たるお庭があれば、晴れた日は電気もガスも不要で料理ができるのだ。
しかしながら、住宅街の中に土地だけあっても、そこで集光器を広げてがちゃがちゃと人に見られながら実験をするのは勇気が要る。

車に積んで、すぐ組み立てられる。1m×1m以上の大きさの集光器を構想している。

作ってみると実感するのだが、集光ポイントに鍋を吊るすのがとてもむつかしい

左右と上下位置を合わせないといけない。家の中を探してもちょうど良い高さのものがなかったりするし、天井から紐でつるすにしても左右位置に自由度が少ない。パネルサイズ以上の長さの竿も必要だ。(写真のがんばった感参照のこと)
数少ないながら販売されているものは、集光ポイントまで頑丈な柱を伸ばしたり(鉄製で重量は10Kg以上)、曲率をコントロールして板付近に焦点を持ってきたり(反射光が地面方向に反射して周りがまぶしい)している。

2kgくらい吊るせる自在アームスタンドが必要だ。アーム長さは1m。するとだいぶトルクが大きいのでカウンターウエイト付きのタイプが必要だ。
そう思って調べてみると、まずPCモニターの自在アームスタンドがたくさん出てくる。
太陽で沸かしたコーヒーと、ミネストローネの朝食で、ネット検索の日曜日。