HHOのバブラーを作りました。

塩ビキャップの頭に穴を開けてホースニップルを取り付けます。

これ以外と苦戦します。なぜならニップルネジの規格がインチ規格なので、単純に穴開けて裏からナットで止めるということができません。

バブラーということで多少圧力がかかってもネジの隙間からガスが漏れない工夫も必要です。

予算があればねじ切りタップを買って塩ビに1/4inchのネジ溝を切りたいところですが、ここは少し小さめの穴を開けて塩ビのやわらかさに期待しつつニップルネジを強引にねじ込むことにしました。隙間は接着剤で埋めます。

こういう風に力技で作ってしまうと、たとえば製作依頼を受けた時にちょっと困ってしまいます。

塩ビキャップへのねじ込みニップルの取り付け方法を一般化したいものです。

ちょっと大げさな感じもしますね。パイプの長さを20cm→10cmにしてもいいくらいです。