HHOガス発生の総量1LPM達成しました。1LPMでもバブラーからのあぶくの発生はなかなか派手なので、3LPMとか5LPMとか一体どういうことになってしまうのか考えると恐ろしくなります。

ガス発生効率を計算してくれるツールがありましたので、リンクをしておきます

HHO MMW Calculator

私のセルの値は12V-16.8Aで280ml/17sを入力すると、4.9MMW(ml/min/W)と計算してくれます。

電極は+nnnn-nnnn+nnnn-です。

ただし、セルの下の口を閉じていて溶液の循環が止まっている効率の悪い状態です。

上部タンクをつけて溶液を循環流動させる方式にしてどこまで効率が上がるかやってみます。(これは多くのKOH溶液を使うからちょっと嫌なのだが)

Webを見ると、12V-10Aで1LPMが目安だとか、16Aで3LPMとか、8Aで2LPMだとか、バカみたいな夢のような報告が多数あります。その多くは6~11プレートという仕様なので、無駄に16枚も使う必要ないのかもしれません。

ところで、GoogleSpreadSheetというものがあって、Web上で表にまとめたりできるようだ。

使い方の練習もかねて今までのDryCellタイプのテストをまとめてみた。my drycell’s MMW record