エンジンの勉強を始めた。
といっても、空気とガソリンで回すわけではなく、水素酸素ガスと水で回すためだ。

一番良い勉強は、実践・実験なので、エンジンを買おうといろいろ調べている。

★ラジコン用のエンジン
・低価格 1万円程度から
・2ストローク グローエンジン
・体積およそ2cc前後
小川精機のMAX-10LAが候補かな
これは始動方法が補助モーターである。リコイルスターターモデルが良いが少し大きくなり値段も高くなる。
ラジコン用の小型エンジンは多くがグロープラグでシリンダー内で赤熱したフィラメントで燃料に点火するタイプなのである。グロープラグではガソリン燃料には点火できるが、水素ガスに点火できるかわからない。水素酸素ガスの燃焼は水滴を蒸発させる程度のエネルギーなので、ほとんど熱くならないことが予想される。するとフィラメントの赤熱はなくなり点火しなくなることが予想される。
さっそく確認実験。ドライセルでHHOガスを発生させ(水槽であぶく数個程度)そこにライターで熱して赤熱したニクロム線を近づけるが、うんともすんとも言わない。簡単には点火しないようだ。ちなみにライターの火を近づければ心臓がドキっとするくらい大きな音の爆鳴気爆発が起こるのだが。ということは、グロープラグ方式のエンジンではなく、スパークプラグ方式のエンジンを選ぶべきなのかもしれない。
小川精機のGT-33というエンジンがすごい。
ガソリン仕様で、イグナイターでスパークプラグを動かすようになっている。定価¥42,000
これだけ投資するなら発電機を買うべきだ。
驚いたのは、CDIイグナイターユニット(磁気センサーでタイミングを見るっぽい)が、個別パーツとして6千円程度で買えることだ。これを買えば多くのグローエンジンをスパーク使用にすることもできる。(OS LA 15 spark ignition

★発電機
・お値段高め 6万円程度から
・メーカー品は作りが複雑すぎて機構の一つ一つまで追えない
・1000W出力
・持っていて損はない
・実験は屋外 (庭なんてないからどこでやろうか・・・)
・最新のコンピュータ制御のものより、レトロな方が良さそうかも。
お金より現物が大事な世の中だからと肯定すれば買ってもいいかな。
Youtubeの動画でもHHOガスで発電機を動かしている人が多い。
アメリカ人は雑で乱暴だがフロンティアスピリッツには感服するばかり。

★芝刈り機用エンジン
・エンジンサイズ的には手ごろ。収納サイズ的には大きすぎる。
・スパークプラグ方式
・芝を刈るべき庭はないけど
ホームセンターで、燃料タンク、キャブレター、プラグ、コイルなど一通り買いやすい。

★自動車エンジン
・複雑すぎる
・実験困難
・ルーム内からエンジンルームへの配線がとてもむつかしい(過去に断念した)
・壊した時の代償が大きい
時期尚早かな。

今日はラジコンショップにエンジンの下見に行ってこよう。
追記:5/24
O.S. MAX-15LA購入! まぁプロペラ、タンク、燃料、etcで1万円少し超えるくらいなので予算はOKです。
飛行機を飛ばすつもりはありません。エンジンを回してその様子を眺めたいだけなのです。